ようこそ

grahamhancock.jp へようこそ!

「神々の魔術 失われた古代文明の叡智」が今出ている!

内容紹介
1995年にトルコで発見されたギョベックリ・テぺの遺跡は炭素年代法分析で紀元前9600年のものであることがわかった。世界最古といわれるメソポタミア文明より7000年も古い。これは何を意味するのか?

著者について
●グラハム・ハンコック:英国エジンバラに生まれ。「タイムズ」、「ガーディアン」など、英国を代表する高級紙の記事を執筆、エコノミスト誌の東アフリカ特派員を務める。先史時代に高度な文明が存在したとの仮説を検証した『神々の指紋』(翔泳社)は世界的大ベストセラーとなった

●大地 舜:青山学院大学卒。米国オピニオン誌「ニューパースペクティブ・クオータリー」東京駐在員。「グローバル・ビューポイント」(ロサンゼルス・タイムス・シンジケート)東京駐在員。主な訳書に『神々の指紋』『神々の世界』『創世の守護神』(小学館文庫)、『天の鏡』(翔泳社)など。


グラハムの初のフィクション書籍「リアとレオーニ」、只今発売中!