異次元の刻印

内容紹介

ミリオンセラー「神々の指紋」のグラハム・ハンコックが、人類史最大の謎に迫る労作、遂に完訳刊行!!

類人猿の眠りから我々の祖先が突如目覚めたのはなぜか?

ペジュメルル、ショーベ、ラスコーなどの洞窟に描かれた非現実的存在。すなわち宗教あるいは文明の誕生の痕跡である。500万年もの人類進化の過程で、約4万年前突然、人類は前例のない驚異的な進化へと足を踏み出す。
太古の洞窟壁画、中世ヨーロッパの妖精伝説、現代北米のUFO・エイリアン遭遇報告に共通した数々のイメージ。シャーマニズムと薬物摂取による変性意識(トランス)状態における不思議なビジョン、人類のDNAに刷り込まれた情報。深まる謎。

ハンコックは、ユング、クリックといった著名学者の学術論文、世界各地に残る民俗資料など、膨大な文献の分析、入念な実地調査、また自らの薬物摂取による実験を通して、人類史における超自然領域(異次元)の介入の可能性に辿り着く。自然科学に担保された我々の世界観を足元から崩壊させる新たな考察!!

内容(「BOOK」データベースより)
人類は、あるときを境に前例のない驚異的な進化へと足を踏み出す。シャーマンが変性意識状態の中で幻視する半獣半人、傷負い人のビジョン。太古の洞窟壁画、中世ヨーロッパの妖精伝説、現代アメリカのUFO・エイリアン遭遇報告に共通した数々のイメージ。ハンコックの探求の旅が始まる。

For those who speak English, please see Graham reading chapter 1 from this book:


エハン・デラヴィとグラハム・ハンコックの対話


スーパー・ナチュラルとは?

スーパー・ナチュラルの直訳は、普通ならば『超自然』となります。
が、しかし、ハンコック氏の云わんとする意味は少し違います。
つまり、彼の新しい研究分野は、シャーマンの世界で彼らの、目では見えない異次元、または多次元がスーパー・ナチュラルの次元だと意味しています。

2003年から、私の研究は新しい方向に向かいました。4万年前と3万5000年前の間のどこかで、人間の脳に明かりがついたように思われるのです。ほぼ突如として現代人の一連の行動すべてが登場し、これが起きたまさしくその瞬間に、私たちの祖先は世界中の洞窟や岩窟住居に素晴らしい絵を描き始め、その中には明らかにスーパーナチュラル存在の史上初となる肖像が含まれています。

関係はあるのでしょうか?超自然の世界や存在が、人類の進化にある役割をはたしたのでしょうか?
科学の主流はそんな質問はする価値すらないと考え、超自然のようなものは存在しない---
かりにあったとしても、それに取り組むための信頼できる、再現可能な方法などありえないと信じています。

けれど私はアマゾンのジャングルで、シャーマンが1万年にわたって使っている道具を発見しました。その道具を使えば、存在しないとされていた次元へ何度もアクセスし、そのなかに住む偉大な存在に会えるのです。シャーマンはこれらスーパーナチュラル的なものをティーチャーとみなしています。
実際、<人類の古代の教師>として---われわれの発展を最初から導いてくれる存在です。

欧米の専門家たちは、こんな説は間違っている、だまされているのだといいます。
けれど、多くのことがそうであったように、最終的に間違っているとわかるのは専門家たちのほうだと私は思っています。

真実とは想像以上にずっとミステリアスなものです。

2006年8月 グラハム・ハンコック

graham hancock